動物介護士

私の夢は動物介護士です。小さい時に動物を飼いたかったのですが、アパートに住んでいたせいで、マムスターどまり。私の大好きな犬を飼いたくてどうせなら動物介護士になってやれって思ったんですよね。

動物介護士のいいところは通販の勉強で資格が取れる事です。結構簡単でしたよ。一発で取得できました。

動物看護師統一認定機構が出している動物看護士はユーキャンなどの通信教育では取得できません。
動物介護士とかペットシッターは取れるでしょうけど取って意味が有るものなのか。自己満足資格でしょ。

飼い主の中には高齢化や老老介護など、どうしても飼えなくなった人たちも多くいます。しかし、動物介護に関する正しい知識やスキルを持っていないこと、看る時間がないことなどを理由に、安楽死や自治体への持込などを選ぶ人たちもいます。これまでは各自治体も引き取り、殺処分をしてましたが、平成25年9月に動物愛護法が改正され、飼い主が最後まで看取る責任が明文化されたことにより、引き取りを拒否できるようになったのです。こうした社会背景から、高齢化するペットへの介護・ケアの普及と老犬(老猫)介護ホームの必要性が急速に高まっているのです。

ペットシッターや動物看護師も、「「ペットの世話ができる」という点では、ペット介護士にも通じるところはあるのですが、ペット介護士が大事にしているのは、ペットに同じ家族の一員としてより笑顔あふれる生活を送ってもらうことです。「しつけ」というと、怒ったり言う事を聞かせるイメージが出るかもわかりませんが、問題行動の裏に隠されたメッセージをキャッチできればお互いにストレスを感じることのないしつけができますね。

看取りまで飼えない、でも殺処分はしたくない。こうした現状から、老犬(老猫)介護ホームのニーズが急速に増えており、近年、各地に設立されています。また、提供されるサービスも多様化され、24時間ケア体制の整った施設や獣医師のいる施設、「訪問介護・デイケア」など、人間並みの介護サービスを提供している施設も登場しています。それにともない、介護・ケアに関する正しい知識を持つ人材のニーズも高まっているのです。

初めての愛犬・愛猫の飼育方法が心配な方も、これなら安心。自宅にいながらペットケアのすべてが身につけられるように、 テキストやDVDのわかりやすさに徹底的にこだわりました。 見ていて楽しい「犬種・猫種図鑑」や、毎日のペットライフに役立つ「犬、猫別健康チェック表も役立ちます!

愛犬・愛猫が元気で暮らすために欠かせないペットケア技能。大事なペットをケアするためには、健康管理、しつけ、グルーミングなど幅広い知識と技能が必要ですね。ペット介護士の知識と技能を習得すれば、ご家庭やペットビジネスの世界で役立ちます。

嗅覚は犬のもっともすぐれた感覚です。臭いの種類によってはなんと人間の1億倍にもなるといわれています。またテリトリーの確認やコミュニケーションの手段としても用いられます。反面、味覚は劣っていると考えられます。最近のグルメな犬も味ではなく臭いで味を覚えているようです。